シンポジウム
『地域・大学におけるビジネス日本語教育の現状と課題』

概要

留学生に対するビジネス日本語教育をテーマとしたシンポジウムを開催します。

外国人留学生の日本国内企業への就職促進は日本の成長戦略に位置づけられ、就職のための支援は大学のみならず、地域の自治体や産業界との連携の中で拡大されつつあります。留学生は、日本の企業文化の理解を含む様々なスキルとしてのビジネス日本語能力が求められており、大学の日本語教育の現場においてもビジネス日本語教育のあり方が問われています。

本シンポジウムでは、学術的観点と実践的事例を通して、「企業側から求める留学生個人の資質・能力は何か?」「留学生を育てる大学の教育に求めるべきものは何か?」「受け入れ企業側に求めるべきものは何か?」といった点について議論し、留学生のキャリア教育とビジネス日本語教育の新たな可能性を探ります。

テーマ 「地域・大学におけるビジネス日本語教育の現状と課題」
日時 2018年 2月23日(金) 13時30分~17時00分
会場 兵庫国際交流会館 3階 多目的ホール      
(兵庫県神戸市中央区脇浜町1丁目2-8))
アクセス 阪神「岩屋」駅徒歩3分・JR「灘」駅徒歩5分・阪急「王子公園」駅10分
(http://consortium-hyogo.com/g-navi/access/index.html)
対象 留学生の就職支援、日本語教育に関わる大学教職員の方
留学生の採用に関わる企業担当者の方
その他、ビジネス日本語教育に興味、関心のある方はどなたでもご参加ください。
参加費 無料

プログラム

13:30~13:40 趣旨説明
13:40~14:40 基調講演 :武蔵野大学准教授 島田徳子氏
「留学生が日本社会・企業で活躍するために必要なこととは?
―大学教育・日本語教育・就職支援の新たな可能性と視座を探る―」
14:50~15:20 事例報告(1):金沢大学教授 太田亨氏
「金沢大学における留学生のキャリア支援」
15:20~16:10 事例報告(2)
「神戸地域における留学生のビジネス日本語教育」
・「神戸大学におけるビジネス日本語教育とキャリア支援」:神戸大学教授 河合成雄氏
・「日本での就職活動に必要な日本語」:G-Navi/就活日本語講座担当 乾逸子氏
16:15~17:00 ディスカッション,総括

主催・問い合わせ

兵庫国際交流拠点事業推進協議会 神戸大学国際教育総合センター
メール:kmorita1986@people.kobe-u.ac.jp 電話:078-803-5280(森田)